fc2ブログ

☆ランチ京都 時々滋賀

京都を中心に安くてもB級じゃないおいしいランチを食べ歩きしています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

こんぴらさん その1

 さぁちゅんです~♪

この前の日曜日、バスツアーで「こんぴらさん」こと「金刀比羅宮」を参拝してきました。

「こんぴらさん」といえば、長い参道の石段が有名で、御本宮まで785段、奥社まで登ると1368段あります。

今回は、時間の関係で本殿まで登って来ました。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

1.10 099

バスで参道に到着!

たくさんの人でにぎわっています。

1.10 100

おみやげ屋さんや、旅館が建ち並んでいます。

こういう雰囲気ってワクワクしますよね~。

1.10 030

ボチボチ階段が始まりました。

両側にはおみやげ屋さんがずーっと続いています。

ちょこっと店をのぞきつつ、階段を登っていきます。

1.10 036

とうとう本格的な階段になりました!

1.10 092

足の弱い方のために「駕籠」もあります。

駕籠をかいてくれるのが、ずいぶん高齢のおじさんたちなので、私たちなど健康な者はとても申し訳なくて乗れませんね~。

1.10 038

ここで294段目。

御本宮まであと491段かぁ~!

うひゃ~。

1.10 040

大門に到着!

ここで本殿までの約3分の1だそうです。

この中がこんぴらさんの境内となります。

1.10 041

ここで振り向いてみると、遥かに讃岐平野が見えます。

大門の中に入っていきます。

1.10 043

こんぴらさんの境内の中での商売を許されたのは、たった5つの家系だそうです。

「五人百姓」と呼ばれ、この5つの白い傘の下で、それぞれ「べっこう飴」を売っています。

その許が出たのは、今から200年以上前で、先祖代々受け継がれているそうです。

1.10 091

扇型のべっこう飴で、飴には小さなかなづちのようなものが付いてきます。

そのかなづちで、飴を割りながら食べるのです。

味もとてもおいしくて、なつかしい味がしました~。

ももたろうにおみやげに買って帰ったら、ほとんど一人で食べてしまいましたよ~。

1.10 046

ここは「桜馬場」と呼ばれる桜並木の道で、春には桜がきれいに咲きそうです。

桜の季節に来てみたいです。

・・・・でも、この階段また登るの?!

ちぃと考えさせてもらいます・・・・。

さぁ~まだまだ行きますよ~。

1.10 053

この鳥居の前は大きな広場になっています。

「しあわせさん、こんぴらさん。」

いいフレーズですね~!

1.10 049

鳥居の脇に「こんぴら狗」の像がありました。

江戸時代、「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあったのです。

袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。

犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いたのですって。

1.10 050

広場には超巨大なプロペラがありました。

造船会社から寄贈されたもので、その直径は6メートルもあるのだそうです。

1.10 051

アフリカゾウもいましたよ~。

象の像だね~!

ちょっとここらで、いったん休憩にいたします。

ここまでで、431段です。

・・・・「こんぴらさん その2」につづく。

 

ランキング、クリック、なにとぞお願いいたします~
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
  お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




【 2010/01/13 (Wed) 】 日帰り旅行・国内旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL