12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-06-15 (Mon)

土曜日の夜、テレビのCMで佐川美術館で「放浪の天才画家 山下清展」が開催されていることを偶然知りました。

これはぜひ見てみたいと、出かけてきました。

しかも、昨日の日曜が最終日でした。

CIMG3055

もう閉館されてしまいましたが、10年ちょっと前まで、嵯峨野に「山下清美術館」というのがあり、初めて、実際の山下清の作品を見て、その素晴らしさに感動し、大ファンになりました。

今回の展覧会は、幼少期から晩年までのたくさんの作品が一挙に公開されています。

CIMG3221

佐川美術館。

今回初めて行きました!

琵琶湖畔にあるとってもスタイリッシュな美術館でした。

 

CIMG3204

 

CIMG3206

 

CIMG3212

特別展「放浪の天才画家 山下清展」にはすごくたくさんの人出で、入口に行列ができているほどでした。

私が入った時にはまだ大丈夫でしたが、帰るころには、入口にはさらに長い行列ができていて、入場制限がされているようでした。

最終日ということもあって、大人気のようでした。

CIMG3055 - コピー (2)

放浪していたころの代表的な貼り絵の作品。

ドラマなどで、旅先で絵を描いていたという印象がありましたが、貼り絵はすべて放浪から帰って、超人的な記憶力で作成されていました。

ちぎった紙と紙縒りを糊で貼って作成されています。

緻密で細かい仕事です。

CIMG3055 - コピー

放浪の後、画家として活躍し、ヨーロッパ旅した時のペンと水彩の作品。

張り絵とは違った趣の水彩画の完成度の高さに驚くばかりです。

CIMG3056

左は放浪時代の桜島の貼り絵、中 東海道五十三次のうちの一枚 草津「うばがもち」のペン画、右 晩年には焼き物も。

(作品写真はすべてチラシのものを拝借しました。)

CIMG3210

 

CIMG3213

 

CIMG3217


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。