123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-11-06 (Thu)

先日、高台寺「菊乃井本店」で懐石ランチをいただいてきました。

CIMG9386

言うまでもなく、ミシュラン三ツ星の超有名店です。
老舗料亭としては、大正元年創業、現在の社長 村田吉弘さんで3代目で、意外に新し目のお店です。

村田社長は「和食」世界遺産認定の立役者で、関西ではテレビでもおなじみです。

玄関で愛想のいい下足番のおじさんが出迎えてくれます。

CIMG9390

座敷に通され、まずはお茶とお菓子が出されました。

薄茶と和三盆のゼリーです。

ゼリーは柚子のとてもいい香りでした。

ちなみに、高級料亭とはいえ、お昼なら「時雨めし弁当」4000円、懐石は8000円~と、庶民にも手の届くお値段設定です。

ファミリーで「ちょっとしたお祝いの食事」に来てもらえる価格設定というのが、村田社長のこだわりだそうです。・・・・と語っておられるのを、以前、テレビで見ました。

CIMG9395

今回の懐石料理の献立。

CIMG9413

食前酒は菊の花びらを浮かべた日本酒。

CIMG9418

八寸。

秋刀魚のサフラン寿司、子持ち鮎の鞍馬煮、しらさ海老の香酒漬など。

添えられたイチョウの葉も、松葉も食べられます。

驚いたのは、仲居さんたちが、お料理のことをたずねると、即座に何でも答えてくれます。

「聞いてきます」というお店が多いですよね。

質問に答えるだけじゃなく、それに因んだお話を色々してくれて、会話もすごく楽しかったです。

高級料亭ながら、ワイワイお話しながら、リラックスして食事ができました。

CIMG9421

お造り。

タイとマグロの大きな切り身が3切れづつ重なっています。

ケチケチせず、ド~ンとお腹いっぱい食べてって~!って感じです(笑)

お味ももちろん◎です。

CIMG9424

豊年椀。

三日月の玉子豆腐と、松茸、そして鱧入りの玄米の焼きおにぎりがドーンと入っています。

おダシが最高においしかったです。

鱧入りの焼きおにぎりもすごくおいしくて、ボリュームたっぷり。

CIMG9439

カレイの杉板焼。

CIMG9442

杉板をはずすと、中には、こんがりと焼いたカレイの西京漬が入っていました。

脂ののったカレイに、杉のいい香りが付いて、いっそう香ばしく、おいしくいただきました。

CIMG9445

きのこ宝楽焼。

グラタンのように見えますが、中身は具沢山の茶碗蒸しという感じで、オーブンでこんがりと焼き上げられていました。

熱々です。

CIMG9450

松茸御飯と、蕪のすり流し。

松茸がたっぷり入った松茸御飯。

松茸を探さなくてもいい松茸御飯ってはじめて食べたかも。

蕪のすり流しのおつゆは、わさびが効いていて、さわやかな風味でした。

CIMG9459

デザートは、ほうじ茶アイスと黒豆・栗入りの松風(まつかぜ)。

京番茶はちんちんに熱いままで出すのが、村田社長のこだわりだそうで、冷めにくい銅製の急須から注がれます。

熱い物は熱いままで出す・・・・。

基本だけどなかなかできないことです。

しかも、京番茶をいつもおいしく淹れるために特注のマシーンがあるそうで、これも村田社長のこだわりだそうです。

スキがなく、かといって押し付けがましくなく、いい感じの気の使い方です。

さすがミシュラン三ツ星のお店だと、最後の最後まで感心してばかりでした。

おいしいものをお腹いっぱいいただき、楽しい時間をすごさせていただきました。

 

菊乃井 本店」

 TEL075-561-0015

 住所 京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町459

 営業時間 12:00~14:00 17:00~20:00

 定休日 不定休・年末年始


こちらにも京都のおいしい情報満載です。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| ランチ京都和食 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。