12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-10-27 (Mon)

土曜日、奈良国立博物館の「第66回正倉院展」を見に行ってきました。

「正倉院」は、約100年ぶりの大規模な修理を終え、ちょうどこの日、3年ぶりに一般公開が再開されました。

そちらにも行ってみました。

公開といっても外観だけです。

CIMG9365

大修理を終えたばかりの正倉院です。

正倉院は奈良時代に建てられた高床式校倉造りの倉庫で、聖武天皇の愛用品や東大寺の法具など約9千件の宝物を収められていました。

1300年もの長きにわたって、代々、その時代の人が正倉院を守り続けてきたのですね。

今回の修理で、瓦のふき方を変えたことで使用する瓦の枚数が減り、屋根は約3トン軽くなり、軒先が平均で2センチ上がったのだそうです。

CIMG9366

今回の修理では、創建当時のおもむきを残すため、奈良時代から江戸時代までの古い瓦をそのまま利用してあります。

CIMG9369

天保時代の瓦。

ガラスに入っているので、反射してしまって、撮影が難しい・・・・。

CIMG9370

創建時、奈良時代の瓦。

正倉院正倉は、奈良国立博物館で「正倉院展」が開かれている来月12日までは毎日、それ以降は平日公開。


こちらにも京都のおいしい情報満載です。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| 日帰り旅行・国内旅行 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。