123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-08-05 (Tue)
 さぁちゅんです~♪

先月、琴の演奏会で「観音の里」という曲を演奏しました。

滋賀県湖北の長浜市高月を中心に、多くの観音菩薩像が祀られていて、「観音の里」と呼ばれているのだそうです。

今回、初めて知りました。

興味を持って調べてみると、8月3日(日)に「観音の里たかつきふるさとまつり」が開催され、年に一度だけ、普段は公開されていないお堂も多くが無料で開放されるとのことなのです。

いわば、「真夏の観音フェス」です!

今回、初めて見に行ってきました。

大きめのお寺もあることはありますが、たいていは集落ごとに地蔵堂より少し大きいくらいの無人のお堂があり、それぞれに観音像が祀られていました。

戦国時代、湖北地方は姉川合戦など、幾度となく戦乱に巻き込まれました。

戦のたびに里人たちは観音像を必死で運び出し、観音像を土中に埋めたり、川底に沈めたり、時には身を挺して、戦火から守ってきたのだそうです。

残っている観音像の多くは平安時代以前に作られた大変古い物でした。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG1083

まずは中心的な寺院であろうと目星をつけて、自動車で「渡岸寺観音堂(向源寺)」に行きました。

国宝の十一面観音立像があることで有名なお寺です。

この日は無料で開放されていました。

渡岸寺の受付のおじさんに、どんな感じで回ったら、効率よく回れるのかを聞いてみました。

現地で聞いたらわかると思っていたので、まったくノープランでやってきたのですが、範囲も広く、観音様の数もとても多いので、自分で見たいところを決めて、自動車で回らなくては無理だとわかりました。

おじさんに「私の行くとこどこでしょう?」と言われてもねぇ・・・・と苦笑されてしまいました。

そこで、観音巡りマップを100円で購入して、その日の策を練ることにしました。

RIMG0370

表は観音巡りのマップ。

RIMG0371

裏に観音様の写真やデータが載っています。

なかなかの優れものです。

確かに、それぞれに数キロ以上離れているようで、徒歩ではとても回れそうにありません。

車で重文や珍しい仏像をいくつかまわることにしました。

CIMG1090

まずは、渡岸寺観音堂(向源寺)の国宝 十一面観音立像を拝観しました。(撮影禁止)

RIMG0375

国宝に指定された十一面観音像は全国でも七躰しかありません。

流れるような曲線の美しい仏様でした。

国宝七躰のうちでも、特に美しい観音像で、最高傑作といわれているようです。

姉川合戦の折には、寺院はすべて焼失してしまいましたが、観音様は土中に埋めて守ったのだそうです。

CIMG1798

近くの公園まで歩いて行ってみると、地元の夏祭りで、模擬店とライブをやっていました。

ライブは近所の子供さんの発表というには、いかにも玄人っぽかったので、ご当地アイドルのグループなのかもしれません。

CIMG1804

自動車で15分ほど移動し、西野薬師観音堂にやってきました。

普段は無住のお堂です。

お祭以外の日に拝観するには、前もって電話でお願いしておくと、お世話人の方が来て、開けてくださるそうです。

CIMG1803

お堂の中には、薬師如来立像・十一面観音立像(ともに重文)。

ちょうど等身大くらいの仏像です。

無人のお堂にこんな立派な仏像があるとは!

セキュリティーは大丈夫なのかと心配になってしまいました。

私が心配しなくても、ちゃんとされていることと思いますが・・・・。

RIMG0373

薬師如来立像・十一面観音立像、どちらも丸みを帯びた優しいお顔立ちの仏様でした。

CIMG1822

西野薬師観音堂から車で4~5分、すぐ近くの正妙寺にやってきました。

寺と言っても石段をちょっと上がった先に、小さな観音堂があるだけです。

CIMG1817

小さなお堂の中の厨子の中に、千の手と千の足を持つ、千手千足観音立像。

RIMG0376

大変めずらしい憤怒の様相をされている観音様です。

額に目を持つ三眼で、頭上には顔が10個。

手は正面に二本、脇手は左右17本、肩幅に力強く開いた2本の脚、脇脚として左右19本が扇状に広がっています。

がんばって皆を守ってくださっているのですね。

どことなくかわいらしい仏様でした。

CIMG1823

自動車で10分ほど移動して、「赤後寺(しゃくごじ)」にやってきました。

かなり大きなお寺でした。

しかも、世話人方たちが来る人来る人にスイカの振る舞いなどもされていて、サービス満点です。

CIMG1832

階段をちょっと上がった先に観音堂があり、中には聖観音立像・千手観音立像(ともに重文)がいらっしゃいます。

CIMG1828

千手観音像は腕先が失われ、聖観音像は手も足先も失い、頭の上の化仏も失われています。

姉川・賤ヶ岳の戦火を避けるため、里人が川に埋めて隠したのだそうです。

RIMG0372

CIMG1831

赤後寺観音堂前からの眺め。

赤後寺も普段は無住の堂です。

世話人の方々が仏様を守っておられます。

CIMG1846

車で15分ほど移動して、石道寺にやってきました。

ここまでもずいぶん道が狭くて大変でしたが、ここは格別の道の細さ!

ちゃんとPに着くまで、ドキドキものでした!!

石道寺は山間にある無住の小さなお寺です。

境内はモミジの新緑が美しかったです。

紅葉の名所として有名な鶏足寺がすぐ近くにあります。

CIMG1841

美しい石積の上に観音堂があります。

RIMG0374

石道寺の十一面観音立像(重文)。

唇には紅をさし、優美な衣を身にまとい、穏やかな表情の優しげな仏様でした。

今回はここらあたりで引き上げることにいたしました。

ふるさとまつりの当日は約25ヶ所ものお堂で拝観が可能ですが、全てを回ることはもちろん不可能。

事前に下調べをして当日に望むのが効率よく回るコツですね。

次回はもうちょっと頑張って回ってみたいです。


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。