12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-05-04 (Sun)
 さぁちゅんです~♪

連休初日の昨日は「千本ゑんま堂大念仏狂言」を見に行ってきました。

「千本ゑんま堂大念佛狂言」は、毎年5月1日~4日に公演されています。

公演は、1日2日は夜のみ公演、3日4日は昼と夜の公演があります。

観覧無料です。

壬生狂言などはセリフが無い無言劇なのですが、千本ゑんま堂の狂言は、ほとんどの演目にセリフがあります。

話も分かりやすく、ちょっとコントみたいな感じで、かなり楽しめます!

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG4567

「千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう)」は、正式名は「引接寺(いんじょうじ)」と言い、真言宗のお寺です。

「閻魔王坐像」を本尊としています。

とても大きくて、眼光鋭く、迫力のある閻魔様です。

CIMG4569

私が見に行った5月3日昼の部の演目は、えんま庁、にせ地蔵、悪太郎、二人大名、寺ゆずり、ほうらく割りでした。

CIMG4586

「えんま庁」。

この演目だけは、せりふのない無言劇です。

今回は小学生たちによる公演でした。

とても、子供たちがやっているとは思えないしっかりした演技でした。

CIMG4645

「にせ地蔵」。

村の若者二人組が、偽のお地蔵さんに化けて、お供え物を儲けようとたくらみます。

途中まではうまくいっていたのですが、最後にバレて大目玉を食らいます。

爆笑物の狂言でした!

CIMG4694

「悪太郎」。

悪さばかりしている悪太郎は、酔いつぶれて眠っている間に、伯父さんに頭をツルツル坊主に剃られてしまいます。

どうせならと「にわか坊主」になってみます。

登場人物たちのまるで漫才のような掛け合いに、会場中に笑いが起きていました。

CIMG4722

「二人大名」。

公演の前に撮影会があり、その時に撮影しました。

有名な「ほうらく割り」を、ぜひ見てみたかったのですが、時間の関係でここで会場を後にしました。

残念です。

来年もまた見に行こうかなと思っています。


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!


ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| 京都お散歩 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。