123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-03-19 (Wed)
 さぁちゅんです~♪

先月から「西国三十三所巡礼」を始めました。

日曜日、竹生島の第30番宝厳寺に行ってきました。

竹生島は琵琶湖に浮かぶ周囲2kmの小さな島です。

今津港から船で竹生島に渡りました。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG0632

今津港。

JR湖西線の今津駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

無料駐車場もありました。

CIMG0633

竹生島クルーズの船は一日4便。

13:10発の船に乗ったのですが、これが最終です。

今津港のほか、彦根、長浜からも竹生島行きの船が出ています。

バスツアーの団体さんと一緒だったので、小さな乗り場は満員でした。

CIMG0637

竹生島ー今津港 往復で2520円也。

CIMG0634

竹生島までは6kmと結構近いです。

肉眼ではすぐそこって感じに見えます。

CIMG0643 - コピー

竹生島から船が帰ってきました。

折り返しにこの船に乗って行きます。

琵琶湖汽船の高速船「いんたーらーけん号」です。

まだ新しそうなきれいな船でした。

豆知識:「インターラーケン」は、大津市と姉妹都市のスイスの都市の名前です。

CIMG0653

出航~♪

竹生島まで約25分のクルージングです。

今津の町並み。

冠雪した比良山系がとってもきれいでした。

CIMG0660

船が進むつれ、水の色がみるみる濃くなっていきます。

この湖北のあたりはとても水深が深く、竹生島の周囲の水深が一番深くて、100m以上の深さがあるのだそうです。

ということは、竹生島は琵琶湖の底から突き出る100mのタワーの先端ような島だということなのでしょうか・・・・。

CIMG0665

白いモヤの中に島や半島の影が浮かび上がり、とても神秘的な風景でした。

同じ琵琶湖でも、南の方の雰囲気とは全く違います。

静寂そのものの景色。

とても美しくて、おすすめのクルージングです。

CIMG0682

竹生島にどんどん近づいていきます。

CIMG0694

「ひょっこりひょうたん島」を思い出しましたよ(笑)

もう間もなく着きます~。

CIMG0706

船はくるっと回って、島の裏っ側あたりに着きます。

CIMG0711

竹生島上陸~。

CIMG0712

階段を上った先が宝厳寺です。

CIMG0783

そうそう!

帰りの船の時間は「14:50」です。

そして、これが最終便。

この竹生島は無人島なので、夜になると誰もいなくなってしまうのです。

なので、絶対に乗り遅れないようにしないといけません。

上陸後の様子は次回UPしますね~。



こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!


ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム


スポンサーサイト
| 御朱印 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。