12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-11-27 (Wed)
 さぁちゅんです~♪

土曜日は早朝から京都の紅葉を見に行ってきました。

金戒光明寺と真如堂の紅葉をゆっくりと見て、9時の開門を待って、「永観堂」に入りました。

「永観堂といえば、もみじ。もみじといえば、永観堂。」

拝観料は何と「1000円」です!

超お高いですが、かなり価値はあると思います。

永観堂は、古くから「もみじの永観堂」といわれ、境内は全て素晴らしい紅葉で埋め尽くされています。

あまりの美しさに、私は写真を撮りまくってしまい、永観堂だけで500枚近く撮ってしまいました。

同じような赤の洪水のような写真の中から、ようやく選んだ写真をUPします。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG1915


CIMG1917


CIMG1919


CIMG2355

まずは建物の中を拝観させていただきました。

大玄関から靴袋に靴を入れて上がります。

いくつもの建物が渡り廊下でつながっていて、かなりの広さがあります。

板の間を裸足でかなりの距離を歩くことになりますので、足の裏に冷たさがしみます。

厚めの靴下を履いた方がいいと思います。

CIMG1957

朝早いので、建物全体がまだ山の陰になっていて、陽が射しておらず、紅葉の赤が鮮やかに見えず、少々残念でした。

CIMG1967


CIMG1974


CIMG1975


CIMG1988


CIMG1995


CIMG1997


CIMG2000

唐門に日が差し始めました。

CIMG2039


CIMG2094

阿弥陀堂に祀られている有名な「見返り阿弥陀」様です。

CIMG2096

阿弥陀堂の天女の天井画。

CIMG2098


CIMG2110


CIMG2118


CIMG1950


CIMG1929

「夢殿」と呼ばれる東屋からの放生池の眺めです。

CIMG2351

「夢殿」の中は、カメラを持った人たちで、ギュウギュウに混み合っています。

外から見ると、何かよほど珍しい物があるのかと思ってしまいますね。

《その2》に続きます。


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!


ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム


スポンサーサイト
| 京都お散歩 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。