fc2ブログ

☆ランチ京都 時々滋賀

京都を中心に安くてもB級じゃないおいしいランチを食べ歩きしています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

八重の暮らした家~新島旧邸~

 さぁちゅんです~♪

大河ドラマ「八重の桜」いよいよ後半に入りましたね。

舞台は京都に移り、ベストパートナー新島襄と出会い結婚。

2月に同志社の創設者 新島襄と八重の夫妻が暮らした「新島旧邸」を見学してきました。

再度UPしておこうと思います。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG0673

「新島旧邸」は、京都御所東側の寺町通に、当時の面影のまま、大切に保存されています。

バルコニーを備えた白と茶のモダンな洋風の建物です。

アメリカ人宣教師の助言を受けながら、日本の大工の手によって、明治11年に建設されました。

CIMG0702

広いバルコニー。

CIMG0678

応接間。

応接間を学校の職員室や会議室、事務室、教会の集会室など、多目的に使えるスペースとして開放していました。

CIMG0686

椅子やテーブル、ソファなどの洋風家具が数多く置かれています。

家具類はすべて新島夫妻が生活していた当時のもので、建物とともに文化財に指定されています。

CIMG0681

「セントラルヒーティング」で、暖炉に火を入れるだけで家全体を暖めることができるようになっています。

ダクトが他の部屋や二階へも延びていて、暖炉の中の暖かい空気がダクトから各部屋へ分配される仕組みになっています。

CIMG0685

ダイニングルーム。

左の壁側にある棚は台所直結の配膳棚になっています。

CIMG0708

新島家の食卓には、和食よりも洋食の方が出されることが多かったそうです。

八重は宣教師の夫人たちから西洋料理や洋菓子のレシピを教わり、自ら腕を振るっていました。

何でもできる器用な人だったのですね。

CIMG0695

東南角の日当たりの良い部屋が新島襄の書斎です。

生前使用した机や椅子がそのまま配置され、当時の姿がそのまま再現されています。

壁一面の書棚には洋書類がびっしり並んでいました。(写真でした)

CIMG0687

茶室「寂中庵」。

もともとは洋間だったものを改装して茶室が作られています。

結婚14年、夫の新島襄は心臓病のため46歳の若さで亡くなってしまいます。

夫の死後、茶道を始めた八重は、女性としては茶道の最高位にまでなりました。

CIMG0689

女学校の生徒などを相手に、自宅で茶道教室を行ったり、しばしば客を招いて茶会も開いていました。

CIMG0690

当時、八重ものぞいたであろう廊下にかけられた鏡。

CIMG0705

トイレも見どころです。

洋式のトイレとしても、和式トイレとしても使える、当時の大工さんの工夫の産物となっています。

CIMG0704

お風呂。

お風呂はものすごく古めかしくて意外でした。

外国にはつかるタイプのお風呂があまりないので、外国風にアレンジする点がなかったのかもしれませんね。

CIMG0711

台所。

民家では土間が一般的だったところを板張りにし、かまどと洗い場、井戸を一か所に集めています。

まるで現代のシステムキッチンそのものです。

八重はこの台所で、「ビフテキ」や「オムレツ」「ロールキャベツ」といった西洋料理を作って、お客や学生たちにふるまったそうです。

CIMG0699

2階部分は非公開になっています。

寝室には高さの違う2つのベッドが置かれています。

夫の新島襄は、洋風の暮らしに慣れない八重のために、背の低いベッドを用意したのだそうです。

CIMG0712

左端の個所がもともとの玄関です。

CIMG0719

寺町通りに面した武家風の門構え。

見学にはインターネットによる予約が必要ですが、無料です。

当時の暮らしをそのまま体感できることができ、とってもおすすめです。

ぜひ行ってみてください。

インターネット予約はこちらから↓

 「新島旧邸見学予約申込」http://kyutei.doshisha.ac.jp/reserve/index.html

 特設サイト「新島八重と同志社」http://www.doshisha.ac.jp/yae/index.html


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!


ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム


【 2013/09/08 (Sun) 】 京都お散歩 | TB(-) | CM(-)

グランフロント大阪・北館6F「バル・ヤ リブリン」でランチ

 さぁちゅんです~♪

先週の月曜日、大阪に行く用事があったので、またまた大阪駅の北の「グランフロント大阪」をのぞきに行ってみました。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

CIMG0204

大阪駅から南館2Fに連絡デッキで直結しています。

CIMG0206

今年のGWにOPENし、その直後に行った時には、ものすごい混みようで、もう行くのが嫌になってしまいましたが、今はもうすっかり落ち着いていました。

CIMG0213

南館の奥には北館が連絡デッキで直結されています。

長いエスカレーターで北館6階に上がります。

CIMG0223 CIMG0227

グランフロント大阪の北館6階の飲食フロア「UMEKITA FLOOR」には、和食、居酒屋、ビストロ、イタリアン、バルなど16軒の飲食店があります。

何と!午前4時まで営業しているのだそうです。

こちらの飲食フロアは、ちょっと変わったシステムです。

それぞれの店内でももちろん食べられますが、フードコートの要領で、共有スペースに用意されているテーブル席のどこでも使用できます。

各お店で注文&お支払い。

テーブル番号を告げると、料理を席まで持ってきてくれます。

一度に色々なお店の料理をいただけるというわけです。

CIMG0219 CIMG0221

カジュアルなお店が多いです。

ざっと見たところ、雨降りの平日だったので、ちょうどお昼時でしたが、どのお店も十分に空き席がありました。

CIMG0225 CIMG0226

窓際の共有の席はさすがに大人気です。

きっと夜景はきれいでしょうね~。

CIMG0239

「バル・ヤ リブリン」というお店に入りました。

空いていたので、お店の中のテーブルに座りました。

CIMG0228

ランチが850円~です。

まわりのお店はランチの単価がだいたい1200円なので、この値段設定はありがたいです。

店内には女性のおひとりさま客ばかり3人でした。

「10品目のサラダと100%ポークのバーグランチ」950円をオーダーしました。

CIMG0230

たっぷり10品目のサラダと、具だくさんのミネストローネ。

これは良いですね~♪

サラダのドレッシングがとってもおいしかったです。

CIMG0237 

100%ポークバーグ。

ソースは日替わりで、この日はベーコンをキャベツのクリームソースでした。

CIMG0238

超粗挽きのポーク挽肉を使ってあって、お肉がゴロゴロとして、噛みごたえがしっかりとあり、豚肉のうまみがガッツリと感じられました。

通常のハンバーグとは全く違いましたが、おいしかったです。

やはりこのお店は、豚肉をガッツリ食べさせてくれるお店なんですね~。



「バル・ヤ リブリン グランフロント大阪(bar・ya Riblin)」
 TEL 06-6485-7580
 住所 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館 6F
 営業時間 月~金 11:00~15:00、17:00~28:00
      土・祝前日 11:00~28:00
      日・祝日 11:00~23:00
 定休日 不定休(グランフロント大阪に準ずる)




こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!


ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム


【 2013/09/08 (Sun) 】 ランチ大阪 | TB(-) | CM(-)