fc2ブログ

☆ランチ京都 時々滋賀

京都を中心に安くてもB級じゃないおいしいランチを食べ歩きしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

「イオンモール草津」の裏の桜

さぁちゅんです~♪

ソメイヨシノが咲きはじめ、あっという間に見ごろになりつつあります。



こちらは「イオンモール草津」の裏側にある小さな公園の桜です。

今日は五分咲きというところでしょうか。

週末、お天気が良いといいですね。


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

 

【 2024/04/04 (Thu) 】 今日の出来事 | TB(-) | CM(-)

京都府庁旧本館「観桜祭」コンサートと「salon de 1904」

さぁちゅんです~♪

この前の日曜日、オトーサンが京都府庁旧本館で開催された「観桜祭」のコンサートに出演させていただきました。

オトーサンは声楽のレッスンはずっと続けているものの、仕事が忙しく、舞台に出させていただく機会はなかなかありませんでした。

久しぶりにタキシードを引っ張り出したら、ズボンのお腹周りが全く入らなくて、サイズを大幅にお直ししてもらって、約20年ぶりにステージに立ちました。

大丸京都店さん、無理を聞いて、きれいにお直しいただきありがとうございます!



京都府庁旧本館の正庁のステージで3曲歌わせていただきました。

最後の曲はコンサートのトリをとらせていただきました。

私はもう、ほとんど息子の発表会の付き添いのように、手に汗握る気分でした。

本人は会心の出来とはいかなかったとのことですが、たくさんの方に聴いていただけて、無事最後まで歌えて本当によかったです。

また次回の秋のコンサートの出演のお誘いをいただきました。



こちらは京都府庁旧本館 正面。

明治37年(1904年)竣工のレンガ造りの建物です。



ドラマでよく見かける大階段。

創建時の姿のまま、会議室、執務室として現在も使用されています。

現役の官公庁建物としては日本最古のもので、2004年に重要文化財に指定されています。



中庭の桜は早咲きなので例年であれば咲いているのですが、今年はまだ開花していませんでした。

ここ数日暖かいのでそろそろ咲いているのではないでしょうか。

salon de 190402

コンサートの後、京都府庁旧本館1階の「サロンド1904」で軽いランチをいただきました。

建物の特徴である白壁と茶色の腰板、赤いカーペットはそのまま活かし、府庁時代に使用されていたテーブルや椅子がそのまま使用されています。



「ミニボルセナ」

「選べるランチ」1300円をチョイス。

ミニサイズの料理1つか2つにドリンクを付けるセットで、「ミニボルセナ」+「ミニナポリタン」+「ホットティー」をチョイスしました。

「ミニナポリタン」もとてもおいしくて、コーヒーや紅茶のカップもとても素敵だったのですが、「ミニボルセナ」以外の写真を撮り損ねてしまいました。

「salon de 1904」
電話 075-414-1444
住所 京都市上京区下立売通新町西入薮之内町 京都府庁旧本館内
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜日 イベントのある時は営業

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

 

【 2024/03/29 (Fri) 】 今日の出来事 | TB(-) | CM(-)

名残の雪

さぁちゅんです~♪

おはようございます。



昨日の夜のうちに雪が降りました。

うっすらと雪が積もっています。

春分の日を過ぎてからの雪、名残の雪です。

日によって気温が20度ぐらいに上がったり、昨日今日は10℃までも全然届かないほど低かったりします。

そういえば、春というのはこういう感じでしたね。

写真のカロライナジャスミンにはつぼみが付いています。

毎年、4月下旬に黄色い花が咲きます。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

 

【 2024/03/21 (Thu) 】 今日の出来事 | TB(-) | CM(-)

ひょう

さぁちゅんです~。

昨日の午後3時頃、雷が鳴り響き、パタパタ コロコロと窓ガラスに何かが当たるような音がして、見に行ってみると、ひょう(氷の粒)が降っていました



結構な勢いで降っていてびっくりしました。

氷の粒が地面にコロコロと転がっています。



直径5ミリぐらいのこれまで見た中ではかなり大きめの氷の粒が降っていました。

なんだか今年は妙な天候が続きますね。


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

 

【 2023/10/28 (Sat) 】 今日の出来事 | TB(-) | CM(-)

MIHO MUSEUM 夏季特別展「蒔絵百花繚乱 江戸時代の名工とその系譜」

さぁちゅんです~。

先週、台風の来た次の日、信楽のミホミュージアムに行ってきました。

実家で取っている京都新聞からまた招待券をいただきました。

ありがたいです。



まず、受付棟から電気自動車に乗って美術館に向かいました。

歩いても5分ほどなのですが、暑くて歩きたくないです!

お客さんの8割くらいは外国の方に見受けられました。

こんなに山奥まで、外国からの方が来るとは驚きでした。

外国からのお客さんの割合は新大阪駅や京都駅とほとんど同じような感じです。



SFっぽい銀色に輝くトンネルを通っていきます。



トンネルの外はつり橋です。

その向こうに美術館が見えてきました。



受付を済ませてまず目に入るのは、印象的な形の松の木と、信楽高原の緑です。

素敵な光景です。



今回は「蒔絵百花繚乱 江戸時代の名工とその系譜」という展示を見に行きました。

18~19世紀の多彩で華やかな蒔絵文化が紹介されていました。

江戸時代、将軍家や大名が好んでいた蒔絵が町衆へ広がり、名工の名が蒔絵師として知られるようになり、18 世紀には自分の名をブランドとして売り出す蒔絵師も登場します。

そのような蒔絵師たちが名を掲げ、競い合った18~19世紀の多彩で華やかなたくさんの作品を見ることができました。

素敵なものがたくさんありました。

この展示は今日までです。

興味のある方はお急ぎください。



常設展示は古代美術のコレクションです。

床に本物のローマ時代のモザイクが合ったりします。

すごいです。


MIHO MUSEUM」
住所 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
時間 10:00~17:00 (最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

 

【 2023/08/20 (Sun) 】 今日の出来事 | TB(-) | CM(-)