12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-08-10 (Mon)

昨日、滋賀県北部の醒ヶ井の地蔵川の梅花藻を見に行ってきました。

CIMG3745

中山道61番目の宿場「醒井宿」です。
中山道の宿場町として栄え、今も古い町並みが残されています。

CIMG3748

旧中山道醒井宿に沿って流れる地蔵川は一年中14℃前後を保つ澄んだ湧き水の清流です。

CIMG3767

梅花藻は、清流でしか育たないキンポウゲ科の水生多年草で、この真夏の短い時期にだけ梅の花に似た直径1cmほどの小さくて白い花をつけます。

CIMG3753

梅花藻の花は水中でゆらゆらしながら、かわいく咲いています。

CIMG3755

ピンクは百日紅の花びらが散ったものです。

CIMG3739

可憐ですね~。

CIMG3738

茶店で地蔵川の源泉「居醒(いざめ)の清水」の名水で淹れたアイスコーヒーを飲みました。
1杯150円。
おいしいので、毎年、楽しみに立ち寄ります。
氷もコーヒーを凍らせてありました。

CIMG3773

昨年梅花藻を見に来た時に見つけた「和cafeたち季」。

一度行ってみたいなと思っていました。

古民家を改装したおしゃれなカフェです。

CIMG3772

いちご金時のカキ氷食べました。

湖北いちごのソースがかかっています。

フルーツ感たっぷりのいちごソース&あんこ、とってもおいしかったよ~。

いい感じにクールダウン出来ました。


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
スポンサーサイト
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
2015-06-29 (Mon)

6月初めの日曜日、高島市新旭町の道の駅「しんあさひ風車村」に隣接する「新旭花菖蒲園」に行ってきました。

CIMG2974

約20万株100万本の花菖蒲が見頃を迎えていました。

CIMG2956

CIMG2962

CIMG2968

CIMG2992

CIMG3000

CIMG3009

園内にはルピナス園もあります。

こちらはそろそろ花は終わりかけでした。

 

道の駅しんあさひ風車村 0740-25-6464

(新旭花菖蒲園 0740-25-5668)


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
2015-06-15 (Mon)

土曜日の夜、テレビのCMで佐川美術館で「放浪の天才画家 山下清展」が開催されていることを偶然知りました。

これはぜひ見てみたいと、出かけてきました。

しかも、昨日の日曜が最終日でした。

CIMG3055

もう閉館されてしまいましたが、10年ちょっと前まで、嵯峨野に「山下清美術館」というのがあり、初めて、実際の山下清の作品を見て、その素晴らしさに感動し、大ファンになりました。

今回の展覧会は、幼少期から晩年までのたくさんの作品が一挙に公開されています。

CIMG3221

佐川美術館。

今回初めて行きました!

琵琶湖畔にあるとってもスタイリッシュな美術館でした。

 

CIMG3204

 

CIMG3206

 

CIMG3212

特別展「放浪の天才画家 山下清展」にはすごくたくさんの人出で、入口に行列ができているほどでした。

私が入った時にはまだ大丈夫でしたが、帰るころには、入口にはさらに長い行列ができていて、入場制限がされているようでした。

最終日ということもあって、大人気のようでした。

CIMG3055 - コピー (2)

放浪していたころの代表的な貼り絵の作品。

ドラマなどで、旅先で絵を描いていたという印象がありましたが、貼り絵はすべて放浪から帰って、超人的な記憶力で作成されていました。

ちぎった紙と紙縒りを糊で貼って作成されています。

緻密で細かい仕事です。

CIMG3055 - コピー

放浪の後、画家として活躍し、ヨーロッパ旅した時のペンと水彩の作品。

張り絵とは違った趣の水彩画の完成度の高さに驚くばかりです。

CIMG3056

左は放浪時代の桜島の貼り絵、中 東海道五十三次のうちの一枚 草津「うばがもち」のペン画、右 晩年には焼き物も。

(作品写真はすべてチラシのものを拝借しました。)

CIMG3210

 

CIMG3213

 

CIMG3217


こちらにも京都のおいしい情報満載です。
     
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
2014-12-18 (Thu)

昨日、朝からももたろうの壊れたベッドを、大津市の大型ゴミの処分場にもって行ってきました。

前もって、電話で申し込んで、持って行くと、引き取ってくれます。

持込だと10kgあたり100円を支払います。

市に申し込むと、回収にも来てくれるのですが、結構高いです。

ベッドの枠なら、たぶん800~1000円くらいかな。

大津市南部の大型ゴミの処分場は、大津市の最南端の「大石」と言うところにあります。

1564_l

大石付近の瀬田川の景観(滋賀県ホームページより)


琵琶湖から流れ出て、ゆったりと流れる瀬田川ですが、「南郷洗堰」を過ぎた大石のあたりでは川幅が狭まって、渓谷のような美しい景観が見られます。

大石で車を走らせていると、「大石邸跡」とか、「大石内蔵助・・・菩提寺」とか書かれた石碑を見かけました。

気になって、調べてみました。

大石の地名は、やはり大石家にゆかりがありました。

大石は赤穂浪士で有名な大石内蔵助のご先祖の地で、大石内蔵助のひいおじいちゃんが、分家して赤穂藩に仕官したのだそうです。



こちらにも京都のおいしい情報満載です。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
2014-11-26 (Wed)

三連休最終日はゆっくりすごしました。

午後、琵琶湖の東をずっと北に向かってドライブ。

CIMG1453

紅葉の隠れた名所、多賀町の胡宮神社(コノミヤジンジャ)に立ち寄りました。

CIMG1456

胡宮神社は、紅葉の名所として知られる湖東三山にも近く、307号にも面していて、アクセスの良いところにあります。

それから、名神高速道路の多賀SAから、遊歩道でつながっているようです。

私はおととしに初めて知って、行ってから、今年で3年目です。

はじめて行った時は、境内はほとんど人影もなくひっそりとしていました。

紅葉の名所として紹介され、年を経るごとに、たくさんの人がおとづれるようになってきています。

境内は以前は荒れた感じでしたが、ずいぶん整備されてきれいになっていました。

CIMG1599CIMG1460

きれいに色づいていました。

CIMG1466CIMG1592

参道の石段が落葉で赤く染まるころに来ると、また一層美しいです。

CIMG1584

この木には「血染めのもみじ」と言う札がかかっていました。

真っ赤です。

CIMG1513CIMG1505

庭園は去年までは自由に入れましたが、傷みが激しいため、進入禁止になっていました。

CIMG1516

本殿。

CIMG1535

手水舎。

CIMG1562CIMG1572CIMG1595

 

「胡宮神社」(このみやじんじゃ)
 滋賀県犬上郡多賀町敏満寺49


こちらにも京都のおいしい情報満載です。

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

↑ お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!




ブログランキング・にほんブログ村へ



旅休ドットコム
| 滋賀 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。