fc2ブログ

☆ランチ京都 時々滋賀

京都を中心に安くてもB級じゃないおいしいランチを食べ歩きしています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

青蓮院門跡の青不動明王御開帳

 さぁちゅんです~♪

東山 粟田口の青蓮院(しょうれんいん)門跡に行ってきました。

まずはこちらから→にほんブログ村 京都食べ歩き

10.25 048
青蓮院といえば、この大きなクスノキです。

4本あるうちの一番大きな木は、樹高30メートルぐらいあり、12世紀末に親鸞聖人が植えられたとも伝えられています。

10.25 021
平成21年9月18日~12月20日まで国宝「青不動明王二童子像」の御開帳が行われています。

青蓮院での青不動の御開帳は平安時代の創建以来初めてのことです。

普段、こちらでお目にかかれるのは複製の絵です。

御開帳が始まって一ヶ月、

どういうわけか、前まで行って拝観料が千円といつもの倍ということと、すごい人の数に恐れをなして引き返したり、さて行こうと青蓮院に向かう途中でほかのところで面白いものを見つけて、そちらに行ってしまったりで、
・・・・ようやく青不動さんにお会いすることが出来ました。

拝観料千円を支払って中へと入ります。

この期間中は特別にお札(お守り)が付いています。

10.25 022
華頂殿に入ってすぐの部屋には、三十六歌仙画が飾られています。

襖絵もとても鮮やかです。

10.25 025
華頂殿の前には相阿弥の庭があります。

いつもは比較的ひっそりとしたお寺ですが、公開当初のような人出ではないものの、さすがにいつもの3倍くらいの人がいますね。

10.25 024
相阿弥の庭は回遊式の広大な庭園で、庭に下りて散策することも出来ます。

禅宗のお寺の庭のような整然とした庭ではなく、楽しく歩き回れるという感じの明るいお庭です。

10.25 027
華頂殿から小御所へ渡る途中に「一文字手水鉢」があります。

細長い大きな自然石をくり抜いたもので、豊臣秀吉によって寄進されたといわれています。

その後、本堂から宸殿へと入ります。

ここで、いよいよ「青不動」にお会いできます。

10.25 032
堂内は写真撮影禁止となっていますので、はなれたところから望遠で1枚だけ撮った写真ですので、ピントがすごくぶれています。

実際には一番間近まで行って、じっくりとお参りさせていただきました。

青不動は絹に描かれ、大きな掛け軸になっています。

炎に包まれたお姿は、静かながらも凄い迫力。

とても強い意思を感じます。

今の世を嘆いておられるのでしょうか?ちょっと悲しげにも見えました。

私が生きている間には、もうお会いする機会がないかもしれません。

こうやってお会いできたのも何かのご縁、何卒ご加護をお願いいたします。

10.25 039
境内の庭には、たくさんのもみじがあります。

紅葉するまで、あと1ヶ月。

秋の京都、たのしみですね~。


 

ランキング、クリック、なにとぞお願いいたします~ 
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
お手数ですが、クリックしてくださいませ。おねがいします~!
【 2009/10/26 (Mon) 】 京都お散歩 | TB(0) | CM(2)
ちゃと屋さんへ
> 青蓮院に行かれたんですね^^
> いつもに比べてだいぶ人が多いですよね。

連休なんかすごい人でしたが、だいぶ落ち着いたようですね~。

> 望遠で写真を撮るなんて、思いつかなかったわぁ。さすがっ!
> 青不動の目つきが迫力あって大好きです

すっごくピンボケしてますけどね・・・・。

> 紅葉の季節になったら、行列ができちゃうかもしれませんね☆

紅葉はまだまだですが、11月に入って観光客増えてますよ~。
【 2009/11/05 】 編集
おおっ青不動
青蓮院に行かれたんですね^^
いつもに比べてだいぶ人が多いですよね。
望遠で写真を撮るなんて、思いつかなかったわぁ。さすがっ!
青不動の目つきが迫力あって大好きです
紅葉の季節になったら、行列ができちゃうかもしれませんね☆
【 2009/10/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL